皮膚の構造 「真皮」

スキンケア商品の口コミ・評判・比較サイト

紫外線対策で美肌ケア

美肌ケアトライアルセット

肌には紫外線貯蓄箱があり、これがいっぱいになると突然シミが現れます。

ちょっとした外出でも紫外線が貯蓄箱にどんどん貯まっていきます。

でも、ほんの少しスキンケアをしてあげれるだけで、紫外線が貯まらず美肌を守ってくれますよ。

今日から紫外線対策!

居座るシミをカット!!

毎日の洗顔料や化粧水、そしてファンデーションなどをきちんと選んでいる自信がありますか?

スキンケアは、お肌のことだけでなく、化粧品についても知っておく必要があります。

デリケートなお肌を守り魅力的にしてくれる化粧品を選ぶうえで、知っておいて損はない情報をお届します。

敏感肌を守るスキンケア化粧品

スキンケア

Sponsored Link

皮膚の構造 「真皮」

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織で構成されています。

そのなかでも、スキンケアをするうえでとくに知っておきたいのは、
表皮と真皮の構造についてです。

肌のお手入れに必要な知識は、この表皮と真皮の皮膚のしくみを
理解するといっても過言ではありません。

正しいスキンケアをするためにも、
これら2つの皮膚構造を説明していきます。

表皮については、こちらをご覧下さい >>> 皮膚の構造 「表 皮」


真 皮


表皮の下の部分にあたり、約70%はコラーゲンと呼ばれる
線維からできています


真皮には弾力性がありますが、この弾力を生成しているのが
真皮内を網目のように張り巡らせたコラーゲンの働きによるものです。

また、真皮の中にはエラスチンと呼ばれる他の線維も存在しています。

エラスチンの役目は、ネットワークのように広がっている
コラーゲンの構造が、崩れないよう支えるように働いています。

もし、コラーゲンとエラスチンの線維が古くなり、
弾力が衰えてしまうえば、たちまちシワとなって顔に表れてきます。

そして、この2つの線維のまわりを覆うようにして
ヒアルロン酸と呼ばれるゼリー状の物質が存在しており、
真皮の水分が蒸発しないよう守っているのです。


コラーゲン

 ゴムのような弾力をもった線維で真皮の主成分になっています。
 
 同じ真皮内にある線維芽細胞からつくりだされ、
 古くなったものは酵素によって分解されていきます。
 
 気になるシワの主な原因は、コレーゲンの変性や減少に
 よるところが大きい
といえます。
 
 最近では、コラーゲンを含んだ化粧品がたくさん出回っていますが、
 ほとんどの場合、真皮に浸透してシワを取り除くものではなく、
 肌に保湿成分を与えるためのものです。


エラスチン

 網目状に広がっているコラーゲンの線維を、
 要所要所でつなぎとめ支えている線維です。
 
 真皮を生成している内で約5%ほどからなっており、
 年令とともに減っていき、シワを発生させる要因になっています。


ヒアルロン酸

 ムコ多糖類と呼ばれるゼリー状物質からできており、
 真皮に張り巡らされたコラーゲンとエラスチンの間を
 埋めつくすように存在しています。
 
 これも肌弾力を支える重要な働きをしています。
 
 ヒアルロン酸は水分を含む力が非常に強いので、
 この成分がたくさんあるほど、真皮がみずみずしいと
 いうことになります。
 
 しかし、年齢とともにヒアルロン酸も減少していくので、
 自然、水分も真皮からなくなっていくことになります。
 
 水分維持として大切なヒアルロン酸ですが、残念ながら
 食品などから補うことはできません

<ランキングに参加しています♪>
スキンケアランキング

  応援して貰えるととても励みになります☆彡

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。