皮膚の構造 「表皮」

スキンケア商品の口コミ・評判・比較サイト

紫外線対策で美肌ケア

美肌ケアトライアルセット

肌には紫外線貯蓄箱があり、これがいっぱいになると突然シミが現れます。

ちょっとした外出でも紫外線が貯蓄箱にどんどん貯まっていきます。

でも、ほんの少しスキンケアをしてあげれるだけで、紫外線が貯まらず美肌を守ってくれますよ。

今日から紫外線対策!

居座るシミをカット!!

毎日の洗顔料や化粧水、そしてファンデーションなどをきちんと選んでいる自信がありますか?

スキンケアは、お肌のことだけでなく、化粧品についても知っておく必要があります。

デリケートなお肌を守り魅力的にしてくれる化粧品を選ぶうえで、知っておいて損はない情報をお届します。

敏感肌を守るスキンケア化粧品

スキンケア

Sponsored Link

皮膚の構造 「表皮」

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織で構成されています。

そのなかでも、スキンケアをするうえでとくに知っておきたいのは、
表皮と真皮の構造についてです。

肌のお手入れに必要な知識は、この表皮と真皮の皮膚のしくみを
理解するといっても過言ではありません。

正しいスキンケアをするためにも、
これら2つの皮膚構造を説明していきます。

真皮については、こちらをご覧下さい >>> 皮膚の構造 「真 皮」

表 皮


表皮は、皮膚のいちばん表面の部分になります。

よく"角質"という言葉を耳にすると思いますが、
この角質も表皮の一部になります。

角質は、死んだ細胞の層(角質層)のことを指しており、
その下にある生きた細胞の層と区別して呼んでいます。

つまり、角質層とその下にある生きた細胞(表皮細胞)を
合わせて表皮といってるのです。


角質層

 肌のいちばん表面にあって、表皮細胞の死んだもの(角質細胞)
 から できているのが、角質層です。
 
 この角質層には約30%水分が含まれています。
 
 皮膚に触れるすべてのものからカラダを守ると同時に、
 角質層以下にある細胞内の水分が、外に蒸発しないよう守ってもいるのです。
 
 角質細胞は、やがて垢となって皮膚から脱落していきます。
 
角質層以下の表皮

 角質層以下にある表皮細胞は、生きた細胞で構成されており
 約65%の水分が含まれています。
 
 この表皮細胞の役割は、主に外から受ける刺激を情報として
 神経などに伝えたり、ときにはその刺激によって細胞の形状を
 変化させたりします。
 
 わかりやすく言えば、アレルギー反応を起こしたりするのです。
 
 表皮の厚みは、顔の部分では2ミリほどあり約28日間くらいで
 すべて生まれ変わります。
 これをターンオーバーと呼んでいます。
 
 ただし、年令を増すことにターンオーバーは遅くなっていき、
 層の厚みも薄くなっていきます。
 
 表皮のもっとも下層にある部分は基底層といいます。
 
 この部分は、新しい表皮細胞を生みだす工場のような働きをしており、
 ターンオーバーのサイクルのスタート地点でもあります。
 
 また、基底層にはメラノサイトがあり、
 紫外線に反応してメラニン色素をつくり出しています。

<ランキングに参加しています♪>
スキンケアランキング

  応援して貰えるととても励みになります☆彡

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。